効果的なのぼりの使い方

タペストリー、暖簾、のぼりなど、旧来から利用されている、客を呼び込む為の定番の販促ツールです。

店舗のイベント情報を宣伝したり、盛況感を演出するだけでなく、入店しやすい雰囲気を醸成させる便利で手軽な販促物です。

「のぼり」は様々な業種の店舗に利用されている代表的な布製品です。

リズミカルに配置されて風にたなびいていると、誘目性があり、その伝達効果は抜群でしょう。

使用についての注意点ですが、最近ではカフェやレストランなどの飲食業でもよく使用されていますが、「ランチ」「ワイン」などを表記した、いかにも通販で購入した既製品と思われる、どこかの店でも見たような物も散見されますね。

お店の店舗デザインとはかけ離れたイメージのデザインであったり、また、店の「格」によってはのぼりそのものを使用しないほうがいい場合もあります。もうお分かりでしょうが、5千円のランチを提供しているお店では、そのイメージが損なわれることなく、せっかくの格調高い店舗外観を格下げするようなことも回避できるからです。なぜなら、のぼりでの販促はどちらかと言えばカジュアルな方法だからです。

のぼりは比較的安価な販促ツールですが、飲食に限らず、お店の視覚的イメージに合わせてオーダーすることをお勧めします。イメージカラーやロゴマークに合わせた販促物を使用しているお店はビジュアルの統一性があり、遠くからでも目立ちます。のぼりも店舗デザインの一部だということを考慮しましょう。

店の世界観に合ったPOP

店舗になくてはならない販促用品であるPOPには様々な種類があります。

プライスカート、説明POP、誘導サインやディスプレイの一部でもある演出用POP…。

商品の特徴(産地、工法、ストーリー、製作者の思い)を理解すれば購買意欲も向上します。また、誘導のサインは顧客を売り場へと導いてくれる重要なツール。ブランドの世界観を伝える演出POP

いずれも購買意欲を促すための重要な販促ツールです。

POPのデザインも重要です。
手書きの説明POPは使用したお店の人の実感が直接伝わってくるようで、説得力のあるPOPです。文字はマーカーで書いたポップなものや力強いタッチの筆文字など色々ありますが、商品の特徴に合った文字デザインが望ましいですね。

作る際はお店や商品のイメージや世界観に見合ったPOPを作りましょう。

価格が比較的安い場合は手書きの親しみやすい文字に共感を持ってもらえます。
ただ、癖のある文字や筆文字で書いた文章は可読性が悪くならないよう気をつけてください。
読んでもらえないPOPは設置しても意味がありません。

パソコンで作る場合、フォントは商品の特徴を考慮しながら作成しましょう。
老舗店の昔ながらの製法で作られたお醤油を説明するPOPには丁寧で柔らかい印象の明朝体が企業の歴史や商品の価値を伝えてくれます。
家電製品や高級な文具はやや堅い印象のゴシック体の高級感が誠実に商品説明してくれます。可読性、明視性、判読性にも注意を払いながら作製します。

また、商品のイメージを伝えたり店の世界観を酵成するための演出用のPOPはディスプレイとして効果を発揮してくれます。
画像は文字よりも誘目性がありますし、食品だと大きくアップにした画像は何よりシズル感溢れる演出でまさに物言わぬ販売員です。

POPは適材(デザイン)適所です。