顧客チェック表を書きましょう

小売店なら当然業務日報を書いていると思います。

最近はPOSレジを導入している店舗も多く、商品だけでなく顧客データも正確に分かるようになっています。

日報は何のために書いているのでしょう?今後の運営管理の参考資料となることを意識して書いているでしょうか?

日報の項目は、来店客数、購入アイテム、購入金額、スタッフ所見などですが、もっと具体的な顧客の買い方、商品の「売れ方」を記入し、フィードバックすることで、商品開発や売り場作りに有効な資料となります。

私は「顧客チェック表」と言う独自の日報を担当者に手渡しています。

これは入店した顧客ごとの情報を記録する日報で、

項目は

①店前で立ち止まった客数(分かる限りで、歩調を緩めた客数も)

②実際に入店した客数

③滞在時間(大体でいい)

④商品を手に取った

⑤接客の有無

⑥買い上げ有無

⑦入店したがスルーした客の様子

⑧顧客ごとのスタッフ所見

など、各お客様の買い方や接客での会話が今後の商品開発の参考になります。

売り場での業務が増えて面倒ですが、できる範囲で構いません。

店前で立ち止まった人数 →ディスプレイ制作の参考になります。

滞在時間の長さはゾーニングや棚割り、マグネット売り場の有無など売り場構成が作用します。

商品を手に取ったけど買わなかったのは、入店はしたのでディスプレイやレイアウトには問題なし。

でも接客や商品(デザイン、値段、POP)に改善点があるのかもしれません。

スタッフ所見には性別、年代、職業、お客様の意見、要望(もちろんクレームも)なども書くと売り場のみの情報を社内で水平展開できます。

入店したのに買わなかった、ディスプレイに立ち止まったが入店しない、店内の何を見て入店したかなど、様子をよーく観察して、そこから抽出された課題を本部と売り場で共有してください。

店の世界観に合ったPOP

店舗になくてはならない販促用品であるPOPには様々な種類があります。

プライスカート、説明POP、誘導サインやディスプレイの一部でもある演出用POP…。

商品の特徴(産地、工法、ストーリー、製作者の思い)を理解すれば購買意欲も向上します。また、誘導のサインは顧客を売り場へと導いてくれる重要なツール。ブランドの世界観を伝える演出POP

いずれも購買意欲を促すための重要な販促ツールです。

POPのデザインも重要です。
手書きの説明POPは使用したお店の人の実感が直接伝わってくるようで、説得力のあるPOPです。文字はマーカーで書いたポップなものや力強いタッチの筆文字など色々ありますが、商品の特徴に合った文字デザインが望ましいですね。

作る際はお店や商品のイメージや世界観に見合ったPOPを作りましょう。

価格が比較的安い場合は手書きの親しみやすい文字に共感を持ってもらえます。
ただ、癖のある文字や筆文字で書いた文章は可読性が悪くならないよう気をつけてください。
読んでもらえないPOPは設置しても意味がありません。

パソコンで作る場合、フォントは商品の特徴を考慮しながら作成しましょう。
老舗店の昔ながらの製法で作られたお醤油を説明するPOPには丁寧で柔らかい印象の明朝体が企業の歴史や商品の価値を伝えてくれます。
家電製品や高級な文具はやや堅い印象のゴシック体の高級感が誠実に商品説明してくれます。可読性、明視性、判読性にも注意を払いながら作製します。

また、商品のイメージを伝えたり店の世界観を酵成するための演出用のPOPはディスプレイとして効果を発揮してくれます。
画像は文字よりも誘目性がありますし、食品だと大きくアップにした画像は何よりシズル感溢れる演出でまさに物言わぬ販売員です。

POPは適材(デザイン)適所です。