花屋さんの売り場作り

花屋さんのコンサルティングをさせて頂きました。

花卉販売店のコンサルも他業種と同様、ファサードの印象や店内見通し、店内の照度、商品のゾーニングなど通常通りの店舗診断をしますが、日用品と違うのは花は特別な時にしか買わない商品という事です。                         

花が一番売れる時期は「母の日」です。つまりイベントの時期に花は一番売れるのです。イベント以外の日に花を売るにはどうすればいいのでしょうか?花を買う何かの理由があれば売れるわけですから、「理由」を教えてあげる、またはきっかけを作って教えてあげるのです。

「物日」という特別な日に花を送る提案をしてあげます。いい夫婦の日、愛妻の日、敬老の日。また、お花屋さんらしいイベントとしては、ミモザの日、男性が女性に花を送るフラワーバレンタインなど、花を買うためのモチベーションを刺激する何かを提示します。

店頭での販促も花を買う意欲を高めるための手法です。POPなどで花の入荷情報や新種の花の説明、花の産地など、ちょっとした花屋さんからの情報提供も花に興味を持つきっかけとなります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は link_bnr.jpg です