効果的なのぼりの使い方

タペストリー、暖簾、のぼりなど、旧来から利用されている、客を呼び込む為の定番の販促ツールです。

店舗のイベント情報を宣伝したり、盛況感を演出するだけでなく、入店しやすい雰囲気を醸成させる便利で手軽な販促物です。

「のぼり」は様々な業種の店舗に利用されている代表的な布製品です。

リズミカルに配置されて風にたなびいていると、誘目性があり、その伝達効果は抜群でしょう。

使用についての注意点ですが、最近ではカフェやレストランなどの飲食業でもよく使用されていますが、「ランチ」「ワイン」などを表記した、いかにも通販で購入した既製品と思われる、どこかの店でも見たような物も散見されますね。

お店の店舗デザインとはかけ離れたイメージのデザインであったり、また、店の「格」によってはのぼりそのものを使用しないほうがいい場合もあります。もうお分かりでしょうが、5千円のランチを提供しているお店では、そのイメージが損なわれることなく、せっかくの格調高い店舗外観を格下げするようなことも回避できるからです。なぜなら、のぼりでの販促はどちらかと言えばカジュアルな方法だからです。

のぼりは比較的安価な販促ツールですが、飲食に限らず、お店の視覚的イメージに合わせてオーダーすることをお勧めします。イメージカラーやロゴマークに合わせた販促物を使用しているお店はビジュアルの統一性があり、遠くからでも目立ちます。のぼりも店舗デザインの一部だということを考慮しましょう。